日記

2016年2月 7日 日曜日

KIRAMEKI dental land設立記念講演 咬合育成療法の考え方

2016.2.7(SUN) いよいよKIRAMEKI dental landにて講演会が開催されました。 総勢50名近くの歯科医師の方々が参加され、大変な盛り上がりを見せました。 一般歯科の先生が50%、矯正歯科の専門の先生が30%、小児歯科の専門の先生が20%という参加者の割合でした。



内容は哺乳からはじまり、嚥下(飲み込み)、咀嚼こそが正しい歯列と咬合をつくりあげていくという考え方、そして筋肉、姿勢、態癖、習癖といったものが歯列・咬合へ及ぼす影響など非常に奥深いものでした。 そして、きらめきデンタルクリニックでおこなっている診療がこどもたちにとって本当に効果的な治療であることを再認識いたしました。 参加された先生方の小児歯科、矯正歯科の診療がより良いものになってくれると良いですね。




―――――――――――――――――――――
きらめき矯正歯科クリニック

愛知県東海市名和町寺徳1-5
きらめきデンタルランド内
tel : 052-601-1616
http://www.kirameki-mc.jp
―――――――――――――――――――――

投稿者 きらめき矯正歯科クリニック | 記事URL

2016年1月17日 日曜日

日本咬合育成研究会 名古屋

2016.1.17 名古屋で開催された咬合育成研究会の勉強会に参加してきました。



ご自分のお子様の歯並びに関心をもっている方は年々増加しているように感じます。 これに合せて歯ならびの治療に関して様々な装置が用いられます。 3つの矯正医歯科にいけば異なる3つの治療方法を提案されることもあるかもしれません。 こうなるといったいどうすれば良いのかと悩んでしまいますよね。 友人に聴いたり、ネットで調べたり、本を読んだり、、、 それぞれの先生はみなさん勉強され経験を積み、自分の治療方法にそれなりの自信をもっていると思うので、おそらくどこの矯正歯科で治療をおこなっても治療精度の差は減ってきているのではないでしょうか。 しかし、問題は治療後です。差は治療が終わったあとにでてきます。 治療が終わり一旦治っても、また元の状態に戻ってしまうということが起こります。 今回参加した咬合育成研究会の考え方は、「なぜ歯並びが崩れるのか?」ということを徹底的に追求している研究会です。 矯正治療をまったく行わなくてもきれいな歯並びになる人もいれば、長い時間と費用をかけて矯正治療をしてもなかなかきれいな歯並びにならない人もいます。 この違いはどこにあるのでしょうか? その大きな違いは筋肉のバランスにあります。 歯は外側の唇や頬といった筋肉と歯の内側にある舌の筋肉のバランスの中間地点に排列するようにできています。 例えば唇の筋肉が弱いと歯は唇側(外側)に傾斜します。このため矯正治療で出っ歯の前歯を治しても、唇の治療がなされていなければ歯は再び出っ歯になります。 また、歯をきれいに並べるために歯槽骨を側方に拡げる矯正をしても、舌の治療がなされていなければ歯槽骨は再び拡げる前の大きさに戻ってしまいます。 つまり、矯正治療を行う場合は、その根本的要因となっている筋肉の治療である筋機能療法がとても重要だと考えます。 そして、その筋機能をつくりだした生活習慣、とくに食生活や姿勢、呼吸などへのアプローチも欠かせません。 きれいに歯が並ぶ人は、自然に口元の筋機能が整っている人なんですね。
―――――――――――――――――――――
きらめき矯正歯科クリニック

愛知県東海市名和町寺徳1-5
きらめきデンタルランド内
tel : 052-601-1616
http://www.kirameki-mc.jp
―――――――――――――――――――――

投稿者 きらめき矯正歯科クリニック | 記事URL

2015年12月 6日 日曜日

口呼吸を改善する小児矯正治療

2015.12.6(日)東京コンファレンスセンターで行われてたフォレスタデント・ジャパン主催の矯正治療セミナーに参加してきました。



11/18,19,20 日本矯正歯科学会(福岡) 11/22,23 日本咬合育成研究会(福岡) 12/3 インビザラインスタディクラブ(名古屋) 12/6 口呼吸を改善する矯正治療(東京) 見返してみると3週間くらいの間に7日間ほども学会、セミナー、勉強会に参加し、たくさんの先生のケースプレゼンテーションを見て聴いてきました。1年間で考えると何日勉強に費やし、幾らの費用を費やしたのかと考えると汗しか出ません。。。見れば見るほど、聞けば聞くほど、知れば知るほど奥が深く、まだまだ勉強が足りないと感じます。 僕自身もこれまで14年間にわたって何千人というこどもの矯正治療に携わってきました。ひとり一人の治療結果を見直してみると患者さんや患者さんの親御さんからは「すごく上手く治って」という感謝の言葉をもらうことがほとんどです。しかし、歯並びやかみ合わせだけてはなく、顔貌の成長・発育、姿勢、頚椎、呼吸、鼻腔、扁桃腺、舌、口唇、咀嚼筋、頤筋、嚥下、顎関節、下顎の前方運動・側方運動などを細かく診ていくと上手く治せていないところはたくさん見つかります。 なにをもって治ったとするのか? 患者さん自身は見て分かるところの状態が上手く変化していれば喜んでいただけます。しかし、それでは後々何かしらの問題が生じてきてしまいます。 細かい部分まで診つつ矯正の治療計画を立てるか、歯並び・かみ合わせだけを診て治療計画を立てるかでゴールは大きく違いますよね。

今回のセミナーは「口呼吸を改善する小児矯正治療」と題し、上顎を骨格から広げることで鼻腔が広がり、鼻閉やアデノイドが原因となる口呼吸が改善し、それによって不正咬合の原因である舌位が改善するというものです。これは上顎を拡大するための矯正治療としてよく用いられる床拡大装置やクアドヘリックスなどの緩徐な拡大では得られにくく、急速拡大装置だからこそ得られるということでした。


急速拡大を行った実際の症例をでは、鼻腔、アデノイド、鼻閉、姿勢、舌位、歯列、咬合、下顎位、いびき、呼吸、睡眠時無呼吸などに様々な良好な変化がみられていました。 こういったことは10年以上前に参加したセミナーでも勉強し、実際の診療でも経験しています。しかし、現在行っている方法だけでは困難なケースもあり、明日からの診療に大変役立つ素晴らしい内容でした。



お子様の口呼吸でお悩みの方、お子様の歯並びやかみ合わせでお悩みの方、今使っている取り外し式の矯正装置ではなかなか上手く治療が進んでいかないとお悩みの方、是非ご相談ください。


―――――――――――――――――――――
きらめき矯正歯科クリニック

愛知県東海市名和町寺徳1-5
きらめきデンタルランド内
tel : 052-601-1616
http://www.kirameki-mc.jp
―――――――――――――――――――――

投稿者 きらめき矯正歯科クリニック | 記事URL

2015年11月23日 月曜日

日本咬合育成研究会 第7回学術大会

2015年11月22日(日)23(祝)に福岡で開催されている日本咬合育成研究会 学術大会に参加してきました。 2日間にわたって開催されるこの大会は、僕が3年間小児歯科治療、矯正歯科治療を学んだ北海道で開業されている高田泰先生が主催を務める研究会で、初日の今日は100名を超える先生方が参加されていました。


初日の午前中は「初診に戻って原因を考え直そう」と題して、九州の先生3名による合同発表があり改めて診断の重要性を考え直そうというものでした。 午後からはいよいよ高田先生の特別講演「進化する咬合育成2015」を聴講いたしました。 先日まで参加していた日本矯正歯科学会では、歯並びやかみ合わせ、そして顔貌の「治療の仕方」に重きを置いており、不正咬合の成り立ち、つまり原因の追究はあまりなされません。起こってしまった不正咬合を矯正治療によって改善することは必要なことではありますが、不正を起こさないようにしたり最小限に食い止める小児歯科の役割というものが非常に大切です。また、なかなか問題が改善しない場合や治してもまた不正が再発する場合の多くはこの根本的原因の追究の欠如にあります。 高田先生の講演を聴くといつもそのことを思い知らされます。。。 不正咬合という症状、歯並びやかみ合わせの問題、骨格のアンバランスは、「0歳からの子育て、・生活習慣・筋肉・機能」が原因となっています。 原因を追究しようとしない人は遺伝だから仕方ないと言います。しかし、実際には遺伝だけではつじつまが合わない多くの問題が生じている患者さんがほとんどです。 矯正治療において、問題となっている症状を改善するのは当たり前です。 現代では様々な矯正装置が開発され、様々なテクニックが開発され、それぞれ良いところがあり、またデメリットもあります。 注意しなければいけないことは、無理に過剰な力をかけて治す治し方ではいけません。 根本的な原因に基づいた診断を行い、それに合わせた矯正治療を進めなければいけません。 それができていないと多くは再発を起こします。 矯正に携わる先生は数ある装置やテクニックを用い患者様の治療にあたるわけですが、そのなかでも高田先生の考え方は生体の持つ本来の機能や形を整えることが治療の中心です。そこで改善しきれないものに関してはじめて適切な装置を選択し治療をおこないます。 これこそが、治療が終わった後の状態を10年、そして20年と長く維持できていることを可能にする治療なんだと改めて感じる2日間でした。



―――――――――――――――――――――
きらめき矯正歯科クリニック

愛知県東海市名和町寺徳1-5
きらめきデンタルランド内
tel : 052-601-1616
http://www.kirameki-mc.jp
―――――――――――――――――――――

投稿者 きらめき矯正歯科クリニック | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28