トップページ > スタッフ

STAFF

きらめき矯正歯科クリニックでは、理事長、院長をはじめとする複数の経験豊富なドクターが在籍しております。



1994年4月 愛知学院大学歯学部入学
2000年4月 歯学学位取得
2001年4月 北海道こども歯科矯正歯科勤務
2004年9月 竹内小児矯正歯科院長就任
2007年12月 医療法人きらめき理事就任
2008年4月 小児歯科・矯正歯科 きらめきデンタルクリニック東海院長就任
2012年10月 医療法人きらめき理事長就任
2015年5月 きらめきデンタルグループ代表就任

<矯正関連の所属団体>
日本矯正歯科学会/日本成人矯正歯科学会/日本舌側矯正歯科学会/近畿東海矯正歯科学会/日本小児歯科学会/日本咬合育成研究会
 


インビザライン矯正治療とは、これまでのマルチブラケット矯正治療とは一線を画した新しい矯正システムです。きらめき矯正歯科クリニックに所属するドクターである竹内敬輔は、この次世代型矯正治療システム「インビザライン・システム」の公式認定ドクターであります。また、多くの矯正治療実績を評価され保有するドクターも日本全国で30人に満たないステータスである「プラチナエリート」認定を受けております。



インビザライン・システムはインビザライン® システムは、最新の歯科矯正理論と、米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術やCAD/CAM(光造形)等の最先端技術を融合させた、新しいアプローチの歯科矯正治療システムです。この目立たず、透明に近い、取り外しが可能な新しいアプローチの歯科矯正インビザライン・システムは、現在、世界90カ国以上の国々で提供され、これまでに全世界で10万人以上の先生方が、インビザライン・システムによる治療を行うための認定を受けられ、累計では400万人以上の患者様がインビザライン治療を受けています。(2016年10月現在)


こどもの矯正治療は非常に長期間にわたる場合も考えられます。矯正治療の途中で担当の矯正歯科医師が病気や事故などで治療を継続ができなくなる場合もございます。当矯正歯科では複数の矯正歯科医師が在籍することによって万が一の場合にも矯正治療に支障が出ないような体制を整えております。