トップページ > 症例

GALLERY



■年齢:4歳
■症状:反対咬合
■治療時期:乳歯列期



 
■矯正装置
乳歯列期:咬合挙上を行ったあと、3か月程度下顎後方牽引装置(チンキャップ)を装着
■費用
160,000円(税別)



 

■ドクターの考察
まだ、乳歯列なので経過をみるという先生もいらっしゃいます。しかし、この時期に反対咬合になっているような場合には、上顎の発育不全、顔貌の不調和、咀嚼障害、嚥下障害、発音障害など今後様々な問題を引き起こします。適切な診断に基づく簡易的な装置で3か月で容易に被害を改善することができました。この治療により、将来的な問題は大きく軽減されることが期待できます。今後は永久歯の萌出を待ち、必要に応じて治療を行っていきます。




■年齢:5歳
■症状:過蓋咬合
■治療時期:乳歯列期



■矯正装置
乳歯列期:MRC(トレーナー)矯正システムを4か月装着
■費用
160,000円(税別)








■ドクターの考察
まだ、乳歯列の時期なので様子を見るという先生もいらっしゃいます。しかし、この時期に過蓋咬合になっているような場合には、下顎骨の発育不全、咀嚼障害、嚥下障害など様々な問題を引き起こします。適切な診断に基づく簡易的な矯正治療により4か月で過蓋咬合が改善しました。この治療により将来的な問題は大きく軽減できることが期待できます。今後も1日に1時間程度のみ装置を使用しながら永久歯の萌出を待ち、永久歯列完成へと誘導していきます。



 


■年齢:7歳(写真左)、11歳(写真右)
■症状:歯列不正
■治療時期:混合歯列期



■矯正装置
混合歯列前期:こどもマルチブラケットシステム
混合歯列中期:MRC(トレーナー)システム
混合歯列後期:TPプリフィニッシャー
■費用
450,000円(税別)



■ドクターの考察
7~8歳の混合歯列の前期にこどもマルチブラケット装置で歯列弓の拡大と前歯の排列をおこない、9~10歳の混合歯列期の中期では筋機能療法を行いながら経過をみていました。そして、11歳~12歳の混合歯列期の後期にプリフィニッシャーを使用しある程度きれいな歯列が出来上がってきています。ここまで出来上がってくれば2期治療も必要なくなってきそうですね。



 


■年齢:7歳(写真左)、12歳(写真右)
■症状:上顎前突
■治療時期:混合歯列期




 
■矯正装置
混合歯列前期:こどもマルチブラケットシステム
混合歯列中期:バイオネーター
混合歯列後期:TPプリフィニッシャー
■費用
450,000円(税別)



■ドクターの考察
7~8歳の混合歯列の前期にこどもマルチブラケット装置で歯列弓の拡大と前歯の排列をおこない、9~10歳の混合歯列期の中期では筋機能療法を行いながらバイオネーターを使用しました。そして、11歳~12歳の混合歯列期の後期にプリフィニッシャーを使用しある程度きれいな歯列と咬合が出来上がってきています。ここまで出来上がってくれば2期治療も必要なくなってきそうですね。