トップページ > よくあるご質問

FAQ

中日新聞 「教えてドクター! Q&A」の寄せられた沢山の質問に当矯正歯科の先生がお答えしております。

 



A 生えてきた歯がきちんと並んでいないと不安になりますよね。今回のように前歯に隙間ができたとしても側切歯(左右の先頭から2番目の歯)が生えてくることで自然に閉じるのが一般的です。しかし、アゴの成長不足や歯が大きすぎる場合には側切歯が並ぶ隙間が足りずにずれた位置から生えてしまい隙間が閉じません。また、口呼吸などで前歯が出っ歯になってしまった場合などにも隙間は閉じません。さらには上唇小帯や過剰歯、歯幅の問題となっていたりなど専門家でないと判断できない場合もあります。気になる兆候があれば早目に矯正歯科を受診しましょう。




A 5歳頃の歯並びは歯と歯の間に少しずつ隙間があるのが理想的です。5歳で既に歯並びがデコボコしているという場合、将来的には何らかの矯正装置が必要と思われます。だからといってそれまで何もしないで待つというのではなく、歯並びが崩れる原因を改善し、予防できることは少しでも取り組み、後の治療を軽減することが大切です。歯並びが崩れる原因は①歯の大きさが大きい②歯が並ぶ歯層骨の大きさが足りない③異常な習癖④生活習慣のみだれ⑤口唇や舌といった筋力のバランス異常などが考えられます。中でも②〜⑤の問題を早めに改善していくことによって少しずつ歯並びが良い方向に変わってくると考えられます。今は小さな問題であっても、成長とともに問題が複雑化していくケースも少なくありません。ただ、問題の程度によっては早めに器具をつけての治療が必要なことがありますので、まずは歯科医院で相談することをお勧めしますして下さい。